blog

環境測定機器 ハンディ水質計“アクアブ”AQ-201P型

乾電池式で持ち運びしやすい ハンディ水質計“アクアブ”シリーズ のご紹介です。

柴田科学株式会社

水質計アクアブ AQ-201P型 残留塩素

数値が表示されるので見やすく分かりやすい、操作が簡単な水質測定器です。濃度換算曲線があらかじめプログラムされていますので、検水を用いたゼロ点調整のみですぐに測定できます。

 

 

 

 

■主な機能
●メモリー機能
最大99ポイントまで測定値が自動で保存
メモリー確認モードにより測定値をその場で確認可能
●自動および手動による電源OFF
自動電源OFFにより電源の切り忘れを防げるほか、手動による電源OFFも可能

ハンディでとても簡単なキー操作
測定値のメモリが99点まで可能。
見やすい大型液晶搭載で、モード状況、電池残量も表示します
オートパワーオフ機能
ユーザー校正モード機能
キャリングケース付

●残留塩素測定用
水道水の衛生確保のために塩素消毒等が行われていますが、残留塩素とは水道水中に消毒効果のある状態で残っている有効塩素のことを指しています。そしてこの残留塩素濃度の確認測定方法として、DPD法が法規での測定方法として用いられています。
AQ-201型は、このDPD法を用いた残留塩素測定器で、2.00mg/Lまでの残留塩素濃度の測定が可能で、ビル・マンション・学校・工場・プール・娯楽施設等、生活環境での水の残留塩素測定に利用できます。DPD試薬単独では遊離残留塩素、ヨウ化カリウムとの併用で総残留塩素や結合残留塩素の濃度を導き出せます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る